古屋晋一のHP
WHAT'S NEW? 

  • 【ワークショップ】CHI2021にて,JST CREST「技能獲得メカニズムの原理解明および獲得支援システムへの展開」(研究代表者 小池英樹先生)のワークショップHAA2021が開催されます.
  • 【論文】 関西学院大学 石丸玲子さんと長田典子教授とのピアニストのアガリの特徴を描写した共同研究「Factors of choking under pressure in musicians」がPLoS One誌に掲載されました.
  • 【競争的資金】JST CREST「信頼されるExplorable推薦基盤技術の実現」(研究代表者 後藤真孝先生)が採択され,古屋はグループリーダーとして,演奏家の創造性の限界突破を支援するための研究・開発・社会実装に取り組みます(FY2020~FY2025).
  • 競争的資金JSPS科研費 学術変革領域研究(B)「心脳限界のメカニズム解明とその突破」(領域代表者 柴田和久先生)が採択され,古屋は卓越班「エキスパートの技能と心の限界とその突破」の研究代表者として,演奏家の技能の限界突破を支援するための研究・社会実装に取り組みます(FY2020~FY2022).

  • メンバー募集一緒に科学研究をして下さる学生研究補助員(RA)やポスドク,インターンを募集しています.演奏家の卓越した感覚・運動・認知機能を生み出す脳や身体の仕組みや働き,それらの限界を突破するための脳・心・身体のメカニズムやトレーニング法,エキスパートの技能の学習の仕組みや上達法の開発を研究したい方や,過剰な楽器練習が引き起こす脳神経疾患の研究にご興味のある方は,ご連絡ください. JSPS特別研究員PDの受け入れについても,お気軽にお問い合わせください(受入機関:Sony CSL).

  • 【ニューロリハビリ法について】私がドイツの共同研究者らと開発した音楽家のジストニアのためのニューロリハビリ法は,未だ国内での臨床使用はされておりません.現在,その実現に向けて準備を進めている段階です.実現のためには,実験・研究の継続を通して,病態の解明,手法の向上,エビデンスの積み重ねが不可欠です.なお,私は研究者・教育者の立場で,音楽家の身体問題の解決に取り組んでおり,診断・治療といった直接の医療行為や,本ニューロリハビリの実施による金銭の授受は,一切行っておりません.ご理解のほど,宜しくお願いいたします.

【招待講演・講座等の予定】 
  • 2021年
  1. 2月27日 関東脳核医学研究会(KBNM)招待講演「局所性ジストニアの脳神経可塑性」
  2. 5月7日 第12回ニューロリハビリテーション学会にて音楽家のジストニアに関する講演
  3. 6月2日 島村楽器にて子供の音楽教育に関するレクチャー
  4. 6月5日 東京都立医学研主催都民講座「限界突破を実現するテクノロジー」にて講演
  5. 6月19日 国際会議Neurosciences and Musicにてシンポジスト登壇
  6. 7月16日,17日 生理研研究会 登壇予定(詳細未定)
  7. 8月29日~31日 「個性」創発脳科学 国際シンポジウムにて招待講演予定「Individuality of musical expertise and brain