古屋晋一のHP
WHAT'S NEW? 

  • 【論文】 東京藝術大学が発刊する音楽教育研究ジャーナルの50号に解説論文「演奏家の心身を守り育む音楽教育―持続可能な舞台芸術の実現を目指して―」を寄稿しました.
  • 【学会】 NCM2019に我々のパネル「Multi-dimensional Dexterous Hand Function and Recovery」がアクセプトされました.4月26日にシンポジストとして登壇します.
  • 【記事】 東洋経済オンラインにインタビュー記事を掲載いただきました.
  • 【論文】 上原一将さん(理研)によるアンブシュア・ジストニアのfMRI研究「Distinct roles of brain activity and somatotopic representation in pathophysiology of focal dystonia」がHuman Brain Mapping誌に受理されました
  • ロンドン大学ゴールドスミス校Industrial Advisory Panel(IAP)を拝命しました.
  • 書物】  Oxford Handbook on Music and Brain "Brain research in music performance" (in press)

  • 【メンバー募集】一緒に科学研究をして下さる研究補助員の学生(RA)やポスドクを募集しています.音楽家の脳や身体の仕組みや,エキスパートの技能の学習の仕組み・上達法の開発について研究したい方や,過剰な訓練が引き起こす脳神経疾患の研究にご興味のある方は,ご連絡ください. 学振(JSPS特別研究員PDの受け入れも可能です.

  • 【ニューロリハビリ法について】私がドイツの共同研究者らと開発した音楽家のジストニアのためのニューロリハビリ法は,未だ国内での臨床使用はされておりません.現在,その実現に向けて準備を進めている段階です.実現のためには,実験・研究の継続を通して,病態の解明,手法の向上,エビデンスの積み重ねが不可欠です.なお,私は研究者・教育者の立場で,音楽家の身体問題の解決に取り組んでおり,診断・治療といった直接の医療行為や,本ニューロリハビリの実施による金銭の授受は,一切行っておりません.ご理解のほど,宜しくお願いいたします.

【招待講演・講座等の予定】 
  • 2019年
  1. 2019/3/3 日本ジャック・ダルクローズ協会 20周年記念行事 招待講演
  2. 2019/3/19 文部科学省卓越研究員事業パネルディスカッションに登壇
  3. 2019/4/21 PTNAピアノ指導セミナー 招待講演
  4. 2019/5/8-11 Fourth International Congress on Treatment of Dystoniaにて音楽家のジストニアに関する招待講演および非侵襲脳刺激に関する教育講演をWalter Paulus教授と共に実施
  5. 2019/5/19 フンボルトコレーク2019「神経系人文学と経験美学」にて講演
  6. 2019/6/12-16 日本リハビリテーション医学会 第56回学術集会にて招待講演(6/15)
  7. 2019/8/22-23 栢森情報科学振興財団主催Kフォーラム登壇
  8. 2019/8/23-24 運動生理学会第27回大会にて教育講演「音楽家の運動神経生理学」
  9. 2019/8/26-29 京都市立芸術大学にて集中講義「音楽生理学」
  10. 2019/9/18 ヤマハ教育講演
  11. 2019/10/19 日本音楽教育学会 シンポジウム登壇
  12. 2019/11/4 横浜市招待国際ピアノ演奏会 招待講演