美術館の調べ  

古屋晋一レクチャーコンサート「音楽を奏でる脳・鑑賞する脳」

ピアノの演奏と、音楽と脳・身体についてのお話を、合計2時間ほどさせていただきました。ご来聴の皆様、真にありがとうございました。

日時・場所

2009年6月13日(土)14時~16時 兵庫県立美術館

出演
  古屋晋一(ピアノ演奏、トーク)
  田中絵理(ピアノ演奏)

演奏曲目
  メンデルスゾーン:厳格なる変奏曲(古屋)
  ラフマニノフ:プレリュードOp. 23 No. 4, No. 7(古屋)
  ショパン:マズルカOp.24 No.4, ノクターンOp.27 No.2(田中)
  ラヴェル:ラ・ヴァルス(田中)
  リスト:ダンテを読んで(田中) 

講演内容
  ・音楽を鑑賞する際、脳はどのような働きをしているのか
  ・音楽家の脳:長期的な演奏訓練によって、脳にどのような変化が起こっているのか
  ・音楽家が素早く弾く技術、楽に弾く技術とはどのようなものか 
  ・・・etc.

主催: 兵庫県立美術館 アートフュージョン実行委員会
後援: 兵庫県、 兵庫県教育委員会、 神戸新聞社、 ラジオ関西、 サンテレビジョン、 Kiss FM
特別協賛: 近畿コカ・コーラボトリング株式会社